汎用画像ファイリングシステム「Claio」


画像やデータを効率よく管理できる医療用画像データマネジメントシステムです。 各種検査機器の画像や検査データ取り込みの他、デジカメ画像のファイリング等にも幅広く活用頂けます。

ポータル画面
ポータル画面


検査機器接続
検査機器接続


メーカのサイトはこちら

製品特長

 ■各種検査機器接続

様々な検査モダリティとの接続に必要なインターフェイスを提供します。

 ■データの一元管理

動画管理まで含めたデータの一元管理が行えます。

 ■手描き機能

画像上への手描き機能を使用することによって、視覚的に症状を説明することができます。 それにより、理解・納得のできる質の高い医療サービスを患者様へ提供し、病気への不安を解消へ導くための強力な診療支援ツールとして活用できます。



各種検査機器接続
各種検査機器接続


手描き機能
手描き機能


機能一覧

 ○画像サマリ機能

各診療科の検査結果やレポート、動画等を一元管理できます。 一人の患者様に対して、それを全科共通で俯瞰で見ることができるので、データに横串を刺して活用することができます。

 ○データエクスポート機能

利用者のニーズに応じ、JPEGエクスポート、DICOMエクスポート、CSVエクスポートに対応できます。 研究用に患者様や日付を横断し、一括エクスポートすることが可能です。 匿名化にも対応しております。

 ○DICOMキャプチャ機能

MWMサーバを使用しなくてもモダリティ側に必要な情報を入力することなく、Claio側ですべてのDICOMタグ情報を付与し、Claioサーバへ登録を行い、DICOMデータを管理することが可能です。

 ○DICOMコンバート

DICOM化されていない検査機器からのアナログ画像をキャプチャし、DICOMヘッダを付与して、院内別サーバへDICOM送信することが可能です。

 ○動画データ管理

動画像を管理し、専用のプレーヤーで再生することができます。 再生中動画を静止画として保存することも可能です。

 ○手描き機能&シェーマテンプレート

取り込んだ画像や、Claioに搭載された多彩なシェーマに原本画像を担保したまま、手描きすることが可能です。 手描き情報は履歴管理します。


動作環境

お問い合わせください。

お問い合わせ

≫お問い合わせへ