診察記事記載システム「C-Note」


院内共通電子カルテのテンプレート機能だけでは十分なカルテ記載が難しい診療科におけるカルテ記載の問題を解決するシステムです。 特に、眼科・耳鼻咽喉科・産科といった自科検査の多い診療科においては、紙カルテイメージで自由に画像・数値・文字列等を配置しストレスなく診療記事を記載することができます。

C-Note説明
C-Note説明


メーカのサイトはこちら

製品特長

 ■ Claio 連携

Claio との連携により、所見記載に必要な画像検査データをスムーズに貼り付けることができます。

 ■紙カルテインターフェイス

通常使用する2号紙のイメージを背景として取り込み、その上に入力していくことで、紙カルテに記載している感覚で入力することができます。 またシェーマDo機能やテンプレート機能等、豊富なツールを提供します。

 ■データの二次利用

書類の記載内容はすべてデータベースにて管理されます。 記事検索やカルテバック機能等、今までの電子カルテにはなかった機能を搭載しています。



機能一覧

 ○セット記載

紙カルテのイメージをそのまま登録し、あらかじめ決まったフォームからの記載が可能です。 初診カルテ、手術記録等。

 ○スタンプ機能

あらかじめ、よく使用する文言としてスタンプテンプレートに登録し、ドラッグ&ドロップでカルテ記載が可能です。

 ○入力パッド

よく使用する文言をテンプレートに登録することで、クリック操作での入力が可能です。

 ○手術管理

手術情報を入力することで、手術日からの経過日数を表示して管理できます。

 ○患者サマリ

患者サマリとして登録できます。 過去カルテよりシェーマや画像の貼り付けが可能です。

 ○記載歴表示

記載歴をカレンダー、リスト、サムネイルで表示できます。

 ○ Claio 連携

カルテ上に貼り付けした画像から Claio の呼び出しが可能です。

 ○イベント管理

投薬や注射等のイベント情報を登録することで、経過日数を表示して管理できます。

 ○カルテバック

診察後に管理したいカルテや、カンファレンスで使用したいカルテをフォルダに格納し、見たい時にすぐに取り出すことができます。

 ○カルテ印刷

現在開いている記事の印刷、期間指定、記載者、タグを指定しての記事印刷が可能です。

 ○カルテ検索

カルテ記載文字列から記事検索が可能です。

 ○カルテ統計

今までに記載した記事を様々な条件で絞り込み、統計を取ることができます。


動作環境

お問い合わせください。

お問い合わせ

≫お問い合わせへ